にんにく 生姜

これから冷え性に悩む女性には、つらい季節がやってくるのではないでしょうか。
そんな方にオススメなのが、にんにくと生姜です。

にんにくの効果

にんにくには、交感神経を刺激して代謝を高める効果があり、その際に熱を発生させることから、冷えの改善に効果があると言われています。
また、にんにくのあの強力な匂いのもとである「アリシン」は、熱が加わると、血管を広げる作用がある「スコルジニン」という成分に変わります。
血管が広がることで血行がよくなり、身体の末端にまで血液が運ばれていくので、手足の冷えが和らぐという仕組みです。

生姜の効果

生姜に含まれる「ジンゲロール」は、加熱・乾燥することで「ショウガオール」という成分に変わります。
これも、にんにくの「スコルジニン」と同様、血管を広げて血行をよくしてくれる効果があります。
なお「ショウガオール」は100℃以上の熱を与えると壊れてしまうので、調理などで使用する際は注意が必要です。

また生姜を加熱・乾燥することで、「ジンゲロン」という物質も生まれます。
これには新陳代謝を高め、体温を上げたり発汗をサポートする働きがあり、身体を内側からポカポカ温めてくれる効果が期待されます。

このように、辛い冷え性を解消してくれるにんにくと生姜ですが、毎日取り入れようとしても中々難しいもの。
にんにくは次の日が気になりますし、生姜は加熱・乾燥が必要です。
手軽に効率よく、必要な成分を摂取するには、サプリがオススメです。